どんな人に必要ですか?「墓じまい」のお話

墓じまいをしないとどうなるの?

少子化がどんどん進み、一人っ子やお子さんのいない家庭も多くなりました。
家系が子供の代で途切れてしまい墓守がいなくなる事を憂う方も多いのではないでしょうか。
墓守とは、お墓のあるお寺・霊園にお布施や管理料を支払い、年忌の法事などを仕切り執り行う役目です。
墓守がいなくなるとどうなるのかというと、お墓は無縁墓として撤去処分され他の方々とまとめられ合祀墓に入れられてしまいます。
ですから、継承者がいない家ではきちんと墓じまいをしておく事はとても大切です。
では、実際に墓じまいってどうやったらいいのでしょう?
ご家庭によって事情も変わってきますので、最終的にお骨をどこへ持って行くかなどは事前に親戚を含めて話し合っておいたほうが良いでしょう。
では、次に墓じまいの手順例をご紹介しますね。

墓じまいってどうやってするの?いくらかかるの?

お墓の中のお骨をどうするか、こちらは事前にみんなの意見をまとめておく必要があります。 方法としては ・お寺に合葬 ・納骨堂 ・散骨 ・自宅保管 などがあります。 まずは墓じまいとして一般的な永代供養を例に方法と手順をご紹介します。 永代供養料はお寺によって変わりますので事前に問い合わせておきます。 菩提寺に永代供養希望を連絡して必要な手続きをします。 墓石の撤去業者を手配します。 お墓のあった所は更地に整えて返納します。 永代供養後にお寺で合葬の場合は合同墓に入れられてしまうため、後からお骨を取り出す事は出来ません。 供養した後にトラブルにならない為にも、親戚一同でよく話し合ってから決定してください。 永代供養の場合は一時的にはまとまった金額がかかりますがその後は一切かかりません。 ですが納骨堂などを選択をした場合は年間使用料が発生しますのでご注意ください。 ご自分にあった墓じまいを検討されると良いでしょう。