注意点をおさえておこう!業者選びのコツは?

弁護士や司法書士が手続きしなければいけません。

最近では核家族が進んでおり、お墓の管理が難しくなっている場合があります。そのような人が通常のお墓の管理を辞めて、永代供養に切り替えたり、近くにある墓地に移転したりするパターンが増えていますが、その際には墓じまいを行う必要があります。その際には墓じまいの専門業者に依頼する必要がありますが、その際には注意点があります。墓じまいには法律的な手続きがあるので、必ず弁護士や司法書士が手続きしなければいけないです。万が一弁護士や司法書士以外の人が手続きをすると、法律違反となり罰則を受けることになるからです。そのため業者の中に弁護士や司法書士が勤務しているかどうかをインターネットなどで良く確認しておく必要があります。

弁護士や司法書士の事務所に依頼するポイント

近くに弁護士や司法書士が所属している墓じまいの専門業者がある場合にはそちらに依頼したら大丈夫ですが、近くにそのような業者がない場合には法律事務所や行政書士事務所に依頼する必要があります。最近ではどの業界でも細分化しており、医師の中でも専門医がいるように法律の世界でも全く同じ事が言えます。そのため法律事務所や行政書士事務所に墓じまいを依頼する場合には、墓じまいの経験が豊富かどうかをよく確認してから依頼しないと、手続きに時間がかかってしまう可能性があります。どのような専門家に依頼したら良いか分からない場合には、インターネットで検索してみたり、口コミサイトの中などで検索して探してみるのも一つの方法ですよ。