やっぱり知りたい!費用について

離檀などにかかる費用があります。

墓じまいをするためにはまず今あるお墓を閉じなければいけません。そのための費用ですが、一般的には閉眼供養・離檀費用・徹去費用がかかります。閉眼供養と離檀供養として15万円程度かかりますが、寺院によっては檀家に逃げられないように倍以上のかなり法外な費用を要求する場合があったり、改葬する際に絶対に必要となる埋葬証明書が発行してもらえない場合もあったりするので、どうしても支払いができないと感じるような金額を要求された場合には、寺院側と粘り強く交渉する必要があります。どうしても自分自身で交渉するのが難しい場合には、弁護士などの法律の専門家に依頼して、弁護士に寺院側と交渉してもらう事も考える必要な時があります。

新しいお墓を建てるにも費用がかかります

次には新しいお墓を建てたり、永代供養を依頼したりする必要があります。新しいお墓を建てた場合には、300万円近いお金がかかります。そのお金が捻出できない場合には永代供養を行うことになりますが、その場合だと10万円程度のお金で済みます。すでにお墓が建てられてあり、その中に合葬する場合には3万円程度の負担で済む時もあります。
新しいお墓を建てたり永代供養を行う際には市役所などに書類を提出する必要がありますが、自分自身で行うとかなりの手間がかかるので通常だと行政書士に依頼することになります。その際に必要になる費用ですが、一般的には10万円から15万円程度の費用がかかるので、そちらの費用も考えておかないといけません。