気になる作業の流れについて

墓じまいをする前に手順を確認しておく

無縁仏になるのがかわいそうだからと墓じまいをする人が増えています。人が訪れなくなったお墓は荒れ放題になりますので、他に移すことも大事です。そのための手順をここで紹介していきます。まず、お墓を移すためにはお墓の管理者への届出が必要なります。このときには改葬するための新しいお墓の受け入れ準備も必要になります。次に必要になるのが閉眼供養と離壇です。お墓を閉じるために供養をして、遺骨をお墓から取り出します。その上で、お墓を更地にする工事を行います。通常お墓はお寺からの借りものですから、更地にして返す必要があるのです。最後に移転後のお墓に納骨をして法要をすれば墓じまいは終了です。この手順にはそれぞれ費用が掛かることも忘れないようにしましょう。

墓じまいをする前に次のお墓を決めておく

墓じまいは次に納骨する場所を決めておく必要があります。遺骨をいつまでも持っているわけにはいかないので、永代供養墓地に移すか別の墓地に移す必要があるのです。お寺か霊園にお墓を立てる場所が見つかれば、その場所を確保します。場所を確保したらお墓を立てて、受け入れ許可をもらうことも必要になります。ここまでを墓じまいの前にする必要があるのです。遺骨がいつまでもお墓に入らない状態にならないように、手際よくしておくことが大事です。永代供養墓地に移す場合もお寺と話し合う必要があります。この場合は家族とも話し合ってから決めると良いでしょう。後で問題にならないように手を打っておく必要があります。受け入れ許可が下りたら墓じまいをした遺骨を移すことができます。